ヘルメニアの柱

ロドンのヘルメニアで、柱の引っ掛かりを利用して上に上る。
最近やたらと流行ってるこの遊び。
早朝なんかに見に来ても、みんな元気に挑戦している。

挑戦しているどころか、自分がこれをやってる時にそこにやってきた人を
ただの人かと思っていたら、突然柱を巧みに上り始めた。
まじでぶったまげた。

ちなみにおひるねっとへ訪問してきた方の検索キーワードにも、
この柱上りに関連したキーワードがたびたび出てくる人気っぷり。

というわけで、この記事で柱上りの方法を軽く紹介しておこうと思います。
もちろん誰でも出来ることを保証するものではありません。
ある程度の細かい操作が出来る事は大前提なのでご容赦を。
まず、柱に引っかかるようにジャンプする必要があります。
そのためにはジャンプを開始するポジションを見極めることが必要。

とりあえず例を以下に挙げておきます。場所はヘルメニア北東の右の柱。
影がちょうど画像のような位置からジャンプすると良いでしょう。


人間のみの場合のポジション


20レベルペット騎乗中のポジション

ちなみにこの記事では、動物に騎乗していることを前提で話を進めています。

柱に向かってジャンプするときは、1回目のジャンプを垂直ジャンプ、
2回目のジャンプは右に向かってジャンプします。
引っかかるかどうかは、ジャンプ位置やジャンプ中の細かい条件で
変わってくるので、何度も繰り返し挑戦すれば、いずれは引っかかります。
引っかかったら、今度は外側にある旗の棒の上に向かってジャンプを
するわけなんですが、その前作業が一番大変です。

引っかかった後に、下キーでキャラクターを手前のほうに微調整して持ってきます。

このときに、中途半端な位置で止めると、ジャンプが上手く行きません。
目安としては、手前に微調整中にキャラクターが数ドットほどガクンと落ちる地点があります。そのあたりまで来たら、もう1回だけ手前に調整。
それで落ちなければジャンプ、といった感じです。

この作業は柱に上手く引っかかっても必ず成功するものではなく、
かなりの確率で途中で落とされてしまうため、根気が必要。
そして最後は、旗の棒の上に2段ジャンプで飛び乗ります。
今回の例で言えば、最初のジャンプを下に、2回目のジャンプは右です。
ジャンプと同時に下キーを押していないと落っこちるので注意。
うまく柱を回れればおめでとうございます。

とりあえずこの記事を参考に、あとは見よう見まねでやってみてください。
柱を上るのは動物に乗っていなくても出来ますが、難易度が高いため、
動物を使用することをおすすめします。
最後に動画。あまり参考にならないかも・・・。

コメントを残す